NEWS

2017-11-25 08:54:00

 

 

 

イベントページはこちら

https://www.facebook.com/events/284910168665629/

 

Souvenir Presents

 

○ちいさなおおくす音楽会○
日時/ 2017年 12月 9日(土曜日) 
開場/ 18:00 開演/ 19:00
料金/ 前売り 3,000yen 当日 3,500yen
高校以下 1000 yen ※未就学児無料
会場/ 大津倉庫 プティバレ(鹿児島市住吉町9-1)
(お問い合わせ)
Mail/ souvenir.music.co@gmail.com 
phone/ 090-8406-1888(福留)
Live/
John John Festival(guest)
The Honest
お店/
珈琲笑店トクナガ (coffee)
HAY grill&coffee(snack and wine)
さくらじまjacobspice(curry rice)
音響/
WALK INN STUDIO
協力/
Mountain High Candle,Lagbagmusic
翌日のDay2は北薩、長島は諸浦島の小さな学校で開催される諸浦jazz'oで音楽します。
そちらも乞うご期待!!
○諸浦jazz’o(しょうら じゃっぞ)
 日 時 
 12月10日(日) 
 開場 11:00
 開会 12:00
 終了 17:00
 会 場 
 長島町 諸浦島
 本浦小学校跡
 (鹿児島県出水郡長島町諸浦541
 プログラム
 ♬ John John Festival による生演奏
 ♬ 町内音楽グループによる演奏
 ♬ 住吉社中による薩摩技芸パフォーマンス
 ♬ The Honest による生演奏
 ♬ 鰤の解体ショー
 ♬ cocoromiso鰤汁の振る舞い
 など、様々な催しを予定しております!
 ※ 随時更新します!
 飲食店の出店もございます!
会場の音響はLagbagmusic(姶良市蒲生町)
 参加費 
 大人    1500円
 中学生以下 無料
 諸浦島民  無料
ゲスト/
John John Festival(ジョンジョンフェスティバル)
Hp/ https://www.johnjohnfestival.com/
イギリスの隣の小さな島国、アイルランドの音楽を演奏する3人組。
フィドル(バイオリン)と歌、ギター、それにアイルランドの太鼓、バウロンを使って奏でる音楽はリズムやグルーヴ、
優しさ楽しさ、時に哀しさに満ちている。
空気に触れて、呼吸を合わせてどこまでも高く登りつめ、 呼吸を整えてどこまでも静かにささやく音楽。
弾く人も聴く人も幸せにする、それがJohn John Festival。 結成2010年1月。
1st album『John John Festival』同年10月リリース。
2012年3月に2nd album『歌とチューン』をリリース。
2013年8月にシンガー笹倉慎介とのコラボレーションアルバム『trek trek』をリリース。
毎年末には青山CAYでの自主企画「JJF感謝祭」を開催。
森のカフェフェスinニセコ、Life is beautiful、東京蚤の市、 森道市場といった野外フェスにも多数出演。
2014年1月にはオーストラリアツアーを成功させる。
2014年6月から2年間の活動休止期間を経て、2016年より活動を再開。
2016年10月、世界最高峰のケルト音楽祭Celtic Coloursに出演。
11月、笹倉慎介プロデュースによるニューアルバムをリリース。
Three piece Japanese Irish & pop music band
- fiddle/vocals, guitar/vocals, and bodhran -
John John Festival is fast becoming most popular Irish band in Japan.
With rhythm, melody and emotion in a genuine groove their mutual ease and happiness makes the audience happy too.
“Make us and them happy” is their musical mind set.
Their story began Jan 2010
and in the short time since they have released 4 albums,
joined 3 other musicians' albums, many festivals,
also overseas festivals too.
illawarra folk festival (Australia, 2014)
Celtic Colours(Canada 2016)
Since June 2014, took 2 years break, they come back in 2016.
The new CD is coming up soon, produced by Shinsuke Sasakura.