NEWS

2017-06-15 08:44:00

鹿児島から熊本公演へLAGBAG MUSICとともに遊びに行きましょう!
〈出店は大好評により出店枠一杯にて〆切のようです。ありがとうございました!〉

FRUE presents
New Zion Trio with Cyro Baptista
~Fight Against Babylon Tour 2017~

2017年8月25日(金)@渋谷WWW(03-5458-7685)
1st set 18:15 open 19:00 start
前売 7,500円(全席自由/170席限定)
2nd set 21:00 open 21:30 start
前売 6,500円(オールスタンディング)

2017年8月27日(日)@天聴の蔵(熊本県山鹿市)
15:00 open マルシェスタート
19:00 Live start
前売 3,500円(オールスタンディング)

来日メンバー
Jamie Saft (Piano/Fender Rhodes)
Brad Jones (Acoustic Bass)
Ben Perowsky (Drums)
Cyro Baptista (Parcussion/Vocals)

 

2017-06-05 22:49:00

O’jizo(オジゾー)の三人が、アメリカ、ポートランドでレコーディングした新しいアルバムを引っ提げ、鹿児島から九州を北上するツアーを敢行。

アイルランドの伝統音楽をベースに、音楽の地平を開拓する彼らの旅路。どこまでも広がるその道中の景色のような珠玉の音達を、是非感じに来て下さい!!

 

ツアー日程

6月6日(火曜日)鹿児島市 Sitiera hall(シティエラホール)

6月7日(水曜日)鹿児島県出水市 marcello caffe’ trattoria

6月8日(木曜日)熊本県益城市 ONE DROP DINING STUDIO

6月9日(金曜日)福岡市博多区天神 冷泉荘B棟1階

 


HP/ http://www.ojizo.org/

facebook/ https://www.facebook.com/ojizo.org/?fref=ts

youtube/ https://www.youtube.com/watch?v=gUrniI9AR8w ,https://www.youtube.com/watch?v=GEahl0EOA3g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年6月6日(火曜日)

会場: Sitiera hall(シティエラホール)
音響:LAGBAG MUSIC(ラグバグミュージック)

開場: 19:30〜
演奏開始: 20:00〜

入場料金:2500円(要1ドリンクオーダー)
学生さんの入場料は1000円、未就学児は無料です。


住所: 〒892-0823 鹿児島県鹿児島市住吉町7-18


supported by Sitiera hall(シティエラホール)
presented by Souvenir(スーベニア)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6月7日(水曜日)

会場: marcello caffe’ trattoria(マルチェロ・トラットリア・レストラン)

音響:LAGBAG MUSIC(ラグバグミュージック)

開場: 18:30〜
演奏開始: 19:00〜

入場料金:2500円(1ドリンク付き)

住所: 〒899-0201 出水市, 鹿児島県緑町24-2 チッタヴェルデ1F


ご予約・お問い合わせ:
090-8406-1888 (Souvenir 福留) 
Mail: souvenir.music.co@gmail.com

supported by marcello caffe’ trattoria
presented by Souvenir

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年6月8日(木曜日)

開場: 19:30〜
演奏開始: 20:00〜

入場料金:2500円(要1ドリンクオーダー)

会場: 熊本県益城市 ONE DROP DINING STUDIO
料金:投げ銭!!

https://www.facebook.com/ONE-DROP-Dining-Studio-142103859225766/?fref=ts

住所: 861-2102 熊本県 熊本市沼山津1-1-21

ご予約・お問い合わせ:
090-8406-1888 (Souvenir 福留) 
Mail: souvenir.music.co@gmail.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年6月9日(金曜日)

開場: 19:30〜
演奏開始: 19:30〜

会場: 福岡市博多区天神 冷泉荘B棟1階
料金:入場料金:2500円(要1ドリンクオーダー)

ご予約・お問い合わせ:
070-5534-1114(ヒサ)
Mail: info@yakuin-records.com

件名→6/9
本文→名前、人数、連絡先

住所:〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町9番35号

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

profile/

2008年結成、豊田耕三、長尾晃司、中村大史によるアイリッシュ・ミュージックのインストルメンタル・バンド。 アイルランドの音楽を中心に、メンバーそれぞれの表情豊かなオリジナル曲も演奏する。それぞれのバックグラウンドに裏打ちされた確かなテクニックを基盤に、伝統音楽の枠を超えたスケールの大きな演奏やアレンジを展開しながら、その温かくエネルギーに満ちあふれた音楽で幅広い層を魅了している。 
2008年、ライブレコーディングアルバム「Live at KENNY’s」(未流通)発表。2010年、コンピレーションアルバム「TOKYO IRISH GENERATION」参加。2011年、初のアルバム「Highlight」発表。その後、フィドルの内藤希花が活動休止となり、3人編成となる。 首都圏各地のアイリッシュ・パブをはじめ、学校での芸術鑑賞会や屋外イベント、海外のダンサーを交えての演奏、全国各地でのツアー等様々な場所で演奏している。
2014年、テレビ東京「オレゴンを歩く〜LONG TRAIL HIKING〜」テーマソングを担当。
2016年10月、アメリカ・ポートランドにて現地のミュージシャンを交えての録音を敢行。同ツアー中、ワシントン・Ocean Shoresで開催された「Galway Bay Celtic Music Feis」に出演。 

O’Jizo are the instrumental band of Irish music, from Japan, since 2008. Members are Kozo Toyota - Flute, Koji Nagao - Guitar, and Hirofumi Nakamura - Bouzouki and Accordion. They play not only Irish music but also original tunes composed by themselves. Their performance fascinates a wide range of fans with various kinds of arrangement and large scale music filled with energy. They released “Live at KENNY’s” in 2008, "TOKYO IRISH GENERATION” - compilation album in 2010, and “Highlight” in 2011. Since then, Mareka Naito - Fiddle, has taken a long rest and O’Jizo have been a three piece band. They have a lot of gigs in Irish pub in Tokyo, and besides they play at school concerts, festivals and so on all over Japan, sometimes with dancers from overseas. They composed and recorded the theme music of TV program, "Walking in Oregon - Long Trail Hiking -" by Colombia, in 2014.

2017-05-19 13:40:00

溝辺にある照明寺で行われた『おはなまつり』

お昼間は、気持ちのいいお日さまの下で地元の子供たちのフラダンス、チアフルマーク徒歩圏&ラス・ファニーズ、暗黒ニラさん、西聖夜くん、ぢゃんさん、コーヤくんなどなどの

豪華な出演者たちのライブで、LAGBAGMUSICが音響をしました。

そして、夜の部は二階堂和美さんのサポートで上山紘子ことrocotoneがピアノで参加しました。

音響は蒲生の八幡スタジオの山之内さん。

2012年岩川の月野にある正心寺での二階堂さんのライブのときに大輔さんが音響をさせていただき、

今回は私rocotoneがピアノで参加させていただくという

なんともありがたいご縁。

1曲目からアンコールまで、がっつりとご一緒した時間は夢のようでした。

この日のセットリストは

・伝える花

・萌芽恋歌

・とつとつアイラブユー

・いつのまにやら現在でした

・ショキショキチョン

・女はつらいよ

・蝉にたくして

・愛は花君はその種子

・あなたと歩くの

・いのちの記憶

・お別れの時

・ケ・セラ・セラ

 

少しですが、ライブの一部を少しずつつなげた動画をアップします。

ご縁をくださった正心寺、照明寺のみなさん、そして、二階堂さん、ガンジーさん、ほんとうにありがとうございました!

また機会がありますように、私達LAGBAGMUSICも頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

2017-05-11 10:00:00

『僕らの街は、僕らで創る!』

WALK INN FES! 2017 思いっきり踊って呑んで歌って笑って走って食って聴いて浴びて最高の時間を共有しましょう!

WALK INN FES!でいろんなことを共有し、そこで出会って一緒に遊んだことをふくらましてどんどん楽しい『みらい』をつくっていきましょう。

LAGBAG MUSICもゆかいな楽器をたくさーんもっていきます!おたのしみに!

以下WALK INN FES! からのメッセージです。

 

MESSAGE

 

僕らの街は、僕らで創る。
鹿児島の音楽と人の「地元フェス」

WALK INN FES! 2017 開催決定!

2014年の開催当時からのテーマでもある「僕らの街は、僕らで創る。」をベースに、地元のみなさんと創り上げてきた「WALK INN FES!」も2017年の開催で4回目を迎えます。

鹿児島の観光のシンボルでもある桜島の麓「桜島多目的広場」で開催されるこのフェスは、世界有数の活火山の豪快な山肌や、その火山との身近な暮らしを間近に感じられる国内でも珍しいフェスです。そんな「WALK INN FES!」はライブイベントにとどまらず、地元ゆかりの食事やその他グッズ関連など多岐にわたる出店、さらにはアートにも深い関わりを持ち、地元鹿児島の様々なカルチャーを身近に体感することの出来るイベントに成長しました。テーマに掲げている「僕らの街は、僕らで創る。」をみなさんが有言実行し、いっしょにフェスを創り上げていってくれた結果だと思います。おかげさまで今では鹿児島での5月の風物詩となりつつあります。

「WALK INN FES!」には色々な方が様々な用途で足を運んでくれます。毎日仕事が忙しいお父さん達は広い芝生で子供と遊んで、子育てでなかなか買い物ができないお母さん達はゆっくりと雑貨屋めぐり。ライブやコンサートに行く時間がない方もこの日はしっかりと届く音楽に耳を傾ける。さらには地元鹿児島の美味しい食事を楽しみながら「観れる」「参加できる」アートを体感して下さい。

毎年「WALK INN FES!」は参加者みんなでイベントを創っていきます。今年はイベントを創っていく上で新たなチャレンジとして2デイズ開催となりました。これは今まで以上となる過去最大規模での開催となります。主催の僕らだけでは広げられない、難しいチャレンジになります。それでも10年20年先にも残る地元の音楽イベントのために、鹿児島に住んでるみなさんどうか手を貸して下さい。

2017年5月、4回目の「WALK INN FES!」。
初の2デイズ開催やらさせていただきます。
みなさんどうぞよろしくお願いします!!

WALK INN STUDIO presents WALK INN FES! 2017
supported by CAPARVO SR Factory
2017年5月20日(土)・21日(日) 鹿児島県・桜島多目的広場野外ステージ



■出演アーティストはこちら
http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/artist/

 

■タイムテーブル
http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/timetable/

 

■出店はこちら

FOOD & DRINK http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/food/

SHOP & OTHER http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/shop/

 

■チケットのおもとめはこちら

http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/ticket/

 

■アクセス

http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/access/

 

 

WALK INN FES! 2017 公式HP

http://ongaku-heiya.com/walkinnfes/

 

 

蒲生から The Honest も毎年参加です!ぜひおたのしみに!

The Honest & LAGBAG MUSIC / Big Country (Béla Fleck) at YONEMARU MARL from LAGBAG MUSiC on Vimeo.

2017-04-18 23:05:00

 

スケボーとギターで 『THE SLIDER』
スケボーもギターも好きなあなたへ。
音でもトリックをビンビン決めてください。
受注生産します!